光回線でまよってる

今使っている携帯電話の2年縛りの契約が終了したら、次を迷っています。
ワイモバイルというものを知りネットで調べていますが、下取りキャンペーンというものが実施されていることを知ることになりました。
下取りのお金がかなり気になります。
お金次第では、下取りに出すこともいいと思っています。
wimaxのキャンペーンは大きなお得感があるものが膨大です。
私が契約した当時は、インターネットサイトから契約すると、特典がある内容でした。
その特典を実際に受け取れるのは、契約してから1年経過したのですがキャッシュバックが高額だったので、有難かったです。
せっかく契約するなら、お得な内容が良いですよね。
引っ越しや速さの問題などでインターネットの回線を変更する場合や新規で回線を申し込む際は、キャンペーンの対象期間に申し込むとお得だと思います。
かの有名なフレッツもキャンペーンを常日頃からやっていますので、いつもチェックして調べておくとよいのではないでしょうか。
次回のインターネット環境として、ワイモバイルを候補として入れています。
せっかくなら得した方がいいので、どのようなキャンペーンをしているのか確認してみました。
大まかに目を通したところ、よそから乗り換える形でキャッシュバックというシステムがありました。
適用の条件などを確かめて、慎重に考えようと思います。
wimaxの申し込みは、クーリングオフの対象ではありません。
それですので、よくよく考えた上で契約をしてください。
申し込んだ途端、すぐに解約をすると、解除料や違約金などと名のついた金額が請求されます。
簡単にいうと、携帯電話と同じようなシステムと言えるでしょう。
超お手ごろな料金でスマホが昨年ぐらいから注目されていますが、有名通信3社以外にも通信ブランドでワイモバイルが存在します。
安価なようですが、どこまでがエリアなのか、実用に耐え得るかといった頼りなくもあり、契約時にはあまり考慮していなかったという印象です。
ここ最近、光回線の業者が高齢者宅を訪問し、強引な勧誘を迫ったり、判断力が低下したお年寄りを言いくるめて契約させるなど、光回線の契約に関したトラブルが増えつつあります。
こういったことを受けて、総務省は契約後8日以内なら問題なく解約が行える光回線の契約に対しクーリングオフ制度を2015年にも導入する方針を明確にしました。
ワイモバイルに対してスマートフォンの月額が大きな通信ブランドがあり、それに対して安過ぎる金額だといえると思います。
ワイモバイルを開始した人がどんどん多数になれば、口コミが人まって契約の数が伸び、大手会社である、3社の料金も低下してくるような良い事が起こると思いますので、今後が良い事になります。