消費者金融の総量規制緩和案の本当の意味とは?

消費者金融に対して自民党から規制緩和案が出ているというような報道がされたりしているのでありますが、この規制緩和についてはどんな意義があって、行おうとしているのでしょうか。
基本的に規制緩和については、総量規制を撤廃して、より各業者間でお金の貸し借りの審査を自由にやりやすくすることによって、消費者金融業界の市場競争を活性化しおうという意図があるそうです。
ですが、金利の上限を引き上げることについての案もあるのですが、この点については多くの疑問点が挙げられており、一説には消費者金融業界とのパイプを持っている議員が、消費者金融業界から規制緩和の要請を受けて、提案を持ち出しているのではないかという話もあるそうです。
総量規制の例外についての詳細情報はこちら