ETCカードを審査なしで作る方法

大学進学や新社会人になるにあたって車の免許を取って友達と遠出をしたいと思っている方もいると思います。

免許を取ったばかりの方の多くがETCカードを持っていないと思います。

ネット上でも春くらいになるとどこで作れるの?といった質問も散見されます。

なのでETCカードの作り方について少し調べてみました。

まず最初にETCカードは購入するものではなく申し込みをして発行されるものになります。

ネクスコなど高速道路事業社が発行しているETCパーソナルカードと一般的にETCと呼ばれてイメージするクレジットカード会社の発行するカードの2種類があります。

もし持っているクレカがETC対応なら追加発行の申し込み、対応していなければ新しくETCも発行しているクレカを申し込みましょう。

自動車免許を取得して友達と車で遠出をする際に首都高などの高速道路・有料道路を利用すると思います。

そんなときにあると便利なのがETCカードです。

たまに料金所の一般レーンで渋滞が起きているのを見ますよね。

そんなときにETCレーンが利用できれば比較的スムーズに進めます。

ETCカードを作るにはクレカを作る必要があり、クレカをすでに所持している場合はそのまま追加申し込みをして問題ないですが新しくクレカを発行するときには入会審査が必要になります。

また、カード会社ごとに特徴や年会費の有無など違いがあるので自分にあったクレジットカード・ETCカードを探してみてください。

皆さんはETC カードを選ぶ際にどういった部分を重視してカードを申し込みましたか?所持しているクレカ会社にそのまま発行申し込みをしている方や年会費無料などの費用が発生するかをチェックして申し込んだ方もいると思います。

ここではまだETCカードを所持していない方に向けて他の方がカードを作ったときにどのポイントを見て選んだのかを調べてみました。

高速の利用頻度が少ない方は年会費や更新費無料のカード、利用頻度の多い方はポイント還元率で選ぶ方が多いようです。

年会費が発生しないカードの中でも一部店舗での買い物時にポイント還元率が高くなることや自営業の方では仕事用と私用で決済を分けるために複数枚持つ方もいるようです。

皆さんは毎月のクレカの利用額はちゃんと管理できていますか?特にカードを複数枚所持している方は管理が大変ですよね。

プライベート用やビジネス用でカードを分けている場合、確定申告用にどの領収書がどのカードに紐づくか利用履歴や明細を確認する必要があります。

これはETCカードでも同じことが言えます。

クレカでは各カード会社で照会をする必要が出てきますがETCの場合は「ETC利用照会サービス」という専用のページで過去の利用証明書発行や利用明細の確認ができます。

レンタカーで利用した明細が必要ならばレンタカー会社へ事前に確認をしなければ照会ができなくなってしまうこともあるので気をつけましょう。

高速道路の料金所でみなさんはどのような支払い方法で支払いをしますか?一般レーンを使って現金・クレカ払いの人もまだいますが約90%の方はETCカードを使っての無線通行をするという結果が出ています。

では、ETC利用時のメリットについて少し調べてみました。

最も大きなメリットとして、料金所で券や現金を係員とやりとりする時間がなくなり渋滞が起きにくくなります。

もう一つの大きなメリットは料金割引が使えることです。

特に割引前と後で差額が大きいことで有名な東京湾アクアラインを例にすると割引前は現金・クレカ支払いの普通車料金が約3000円のところ、ETC割引適用で800円と半額以下になります。

ガソリンスタンドで給油するときに現金やクレジットカード払いなどの支払い方法が選べます。

最近ETCカードを持っていなかったので作ろうと思い調べていたところカード会社によってはガソリン給油時に最大8円/L値引きやクレジットカード利用時の付帯ポイントが2倍になるなどの様々な特典がつくカードもあるようです。

例を挙げると、楽天カードの場合、ENEOSで給油やメンテナンス時にポイントが2倍貯まり支払い時に貯まったポイントの利用もできるそうなのでよく車に乗られる方や高速道路を使う方は給油時の特典がついたカードの利用がお得です。

このようにカードごとに特典が違うので選ぶ際はいろいろ調べてみてください。

買い物の支払いなどの場面で付与されるポイントですがクレジットカード会社が発行しているETCカードで高速道路を無線走行しているだけでもポイントが加算されるのを知っていますか?例を挙げると楽天カードを利用した時にスーパーポイントが利用額に応じて付与されますがETC利用でも同じくポイントが付与されます。

還元率に関しては楽天カードのようにETCでも同率で付与されるカードもありますが、多くのカードでは付与率が減少していることが多いようです。

他にも、数は少ないですがポイント付与の対象外のカードもあるようなので高速道路をよく利用する方はこういった特典から選ぶのもいいかもしれません。

ETCカードを車載器に挿しっぱなしにしていたら盗難された、失くしてしまった場合、パニックになってしまうと思いますがそんな時こそ落ち着いてしかるべき場所に連絡をしましょう。

仮に失くしたという場合でも警察へ届け出をしてください。

警察に届け出したあとの対応はカードの発行元によって変わりネクスコなどの高速道路事業会社が発行しているカードの場合は事務局へ電話をかけてください。

連絡できる時間が限られているので連絡する時間に気をつけてください。

クレカ会社が発行しているカードの場合は発行元の会社への連絡になります。

カード会社によって若干対応先の部署など違いはあると思いますが多くの場合は24時間受付のフリーダイヤルで連絡ができます。

就職や転勤などで大都市へ引っ越したことにより車に乗らなくなった。

そんな方の多くはETCカードを所持していると思います。

カードの解約を検討する方が多いと思います。

その際にクレカごと解約するパターンとETCカードのみ解約するパターンの2通りがあります。

手続きに関しては電話、郵送、webなどカード会社によって異なります。

郵送の場合は1週間前後、電話のみでも解約可能という場合は即日というように手続きが完了するまでの期間に差がありますので郵送したからといって即破棄するというのはやめましょう。

手続きが完全に終わったら、磁気テープ部分とICチップ部分を読まないように真二つに切断し、外から見えない封筒に入れるなどした後に燃えるゴミとして処分してください。

皆さんは普段、高速道路を利用する時にETCカードは利用されていますか?もし利用していないならすごくもったいないです。

その理由としてETC利用をすると料金割引が受けられるからです。

例えば、NEXCOが管理している地方部の利用料が30%オフになるんです。

他にも平日朝夕割引や深夜割引といった割引も行っているようです。

また、割引適用外区間でほとんどの人が経験したことがあると思う料金所の一般レーンの渋滞をできるだけ回避して通過できます。

ここまで読んでETCってお得!カードを作らなきゃと思った方はお持ちのクレカ会社に追加で発行してもらうかサブのクレカと一緒に発行してもらいましょう。

車で遠方に出かけるときに便利なETCカードですが、取扱会社が多くてどのカードを選べばいいか迷ってしまいます。

カードごとにどんな特徴や違いがあるのでしょうか。

多くの人が見る部分が年会費や更新費用でしょう。

年会費については大きく分けて3種類に分類され、年間の利用額を問わない年会費無料のタイプ、年に1回以上の利用で年会費無料になるなどの条件付きタイプ利用額や頻度に関係なく年会費が発生するタイプに分かれています。

発行日が有料の場合、更新費も有料のカードが多い代わりに発行費が有料だった場合、多くの場合更新費も有料になっていることが多いです。

1、2年ほど前からキャンピングカーのレンタルサービスが人気なようです。

特に長期休暇で利用する方の場合は高速道路を利用しますよね?その際にETCカードの使用を考えると思いますがレンタカーでもETCの利用自体は車載器に挿すだけですが旅行後にETC利用照会サービスを使って履歴を見るには事前準備が必要になります。

利用照会サービスのサイトでは本人確認を行うための事前登録として「ETCカード番号」、「ETC車載器の番号」などの情報が必要になります。

レンタカーの車載器管理番号などETCカードの登録をすでに行っている、もしくは1度登録したカードについては他の車両で利用するときの登録は不要になります。

高速道路などを通行するときなどに割引があったり一般レーンと比べてスムーズに料金所を通過できてお得なETCカードですが高速道路を使わない時のカードの取り扱いを皆さんはどうしていますか?ネットで調べてみたところ多くの人が同じ疑問を持っているようです。

24時間挿入したままという人の意見を見ると「高速にのってから挿し忘れるのに気づくのがいやだ」、「もし紛失盗難が起きてもETC以外で悪用されないから気にしない」という意見がありました。

ただ挿したままの方の中には別のカードにしようと思って1回抜いたら挿入時に認識エラーがよく起こるようになってしまったという方や車検時やレンタカー返却時にいつものくせで挿したまま引き渡してしまったといううっかりも報告されていました。

悪用されにくいとはいえなるべくカードを使うときだけ入れて使わない時は抜く習慣をつけましょう。

全ての人が知っているようで知らないルールってありませんか?例えばETCの正しい使用方法はどうでしょう。

NEXCOのwebサイトで正しい使い方の案内が載っていたので簡単にまとめてみました。

まず、ETCカードにはクレカと同じく有効期限があるので車に乗る前に確認しましょう。

車に乗ったら車載器にカードを挿入することになりますがカードの向きが違う、しっかりと挿入されていないと状態では認識しません。

ETCレーンに入る際は信号が赤になっていないかの確認と何かあったときにすぐ止まれる時速20km以下の速度で通行してください。

もし何らかの理由でレーン出口の開閉バーが開かないというアクシデントが発生した時は決して車をバックさせず、レーン備え付けのインターフォンで係員の指示に従うようにしましょう。

最近ETCカードの作成について調べていたところあまり知られていないと思われる豆知識が出てきました。

それは、車載器がなくてもETCカードで支払い可能ということです。

車載器が設置されていない場合はETC専用レーンではなく一般レーンを使い料金所スタッフにカードを手渡せば読み取ってくれるので通行可能になります。

係員に手渡しで利用する場合、ETCが導入された理由として人件費削減や渋滞の解消が目的という部分が手渡しでは無意味になってしまいます。

そのため通常の利用ポイントはついてもマイレージサービスのポイントは付かないことや夜間割引などのETC割引が適用されないなどのデメリットがあります。

なのでカードを直接スタッフに渡すのは緊急時のみにしておきましょう。

引用:ETCカード審査なしで作る方法は?損しない選び方とは